韓国語

「大丈夫です」を韓国語では?気づかいや心配など使えるフレーズまとめ

「大丈夫です」を韓国語では?

韓国語で「大丈夫です」を「괜찮아요(ケンチャナヨ)」と言います。

または「クェンチャナヨ」と発音します。

相手を気づかって心配したり、大丈夫かどうかを尋ねるときや、それに対する返事として使われる言葉です。

フランクな言い方として「大丈夫」とパンマル(タメ口)で「괜찮아(ケンチャナ)」と使われることが多いです。

「ケンチャナヨ(大丈夫です)」という言葉ですが、韓国ドラマのセリフやK-POPの歌詞などでもよく使われるので、馴染みのあるかたも多いと思います。

私もこの言葉が大好きなのですが、よく使われる言葉なので、丁寧な言い方や疑問形など詳しく紹介させていただきます。

韓国語で「大丈夫です」

「大丈夫です」を韓国語で「괜찮아요(ケンチャナヨ・クェンチャナヨ)」と言います。

丁寧な言い方では「괜찮습니다(ケンチャンスムニダ)」と言われます。

「大丈夫」の原型は「괜찮다(ケンチャンタ)」となります。

韓国語の大丈夫「괜찮다(ケンチャンタ)」には、文脈やシチュエーションによって「ドンマイ」や「よい・よかった」「構わない」のように訳されることもあります。

韓国語で「大丈夫ですか?」の疑問形

「大丈夫です」の疑問形である「大丈夫ですか?」を韓国語で「괜찮아요?(ケンチャナヨ?」と語尾を上げて発音します。

語尾を下げると肯定の「大丈夫です」になりますが、語尾を上げると疑問形の「大丈夫ですか?」となります。

フランクな言い方として「大丈夫?」とパンマル(タメ口)で「괜찮아?(ケンチャナ?)」と使われることが多いです。

「大丈夫でいらっしゃいますか?」と丁寧な言い方では「괜찮습니까?(ケンチャンスムニッカ?)」となります。

韓国語で「大丈夫でした」の過去形

「大丈夫です」の過去形である「大丈夫でした」を韓国語で「괜찮았어요(ケンチャナッソヨ)」と言います。

フランクな言い方として「大丈夫だった」とパンマル(タメ口)で「괜찮았어(ケンチャナッソ)」と使われます。

丁寧な言い方では「괜찮았습니다(ケンチャナッスムニダ)」となります。

韓国語「大丈夫」のよく使われる会話フレーズ

日本と同じように韓国でも相手を気づかったり、心配したり「大丈夫」という言葉は日常会話でよく使われます。

괜찮다,괜찮다!
(ケンチャンタ、ケンチャンタ!)
『大丈夫、大丈夫!』

괜찮지 않아요.
(ケンチャンチ アナヨ)
『大丈夫じゃないです。』

저는 괜찮습니다.
(チョヌン ケンチャンスムニダ)
『私は大丈夫です。』

당신은 괜찮습니까?
(タンシヌン ケンチャンスムニッカ?)
『あなたは大丈夫ですか?』

몸은 괜찮았어?
(モムン ケンチャナッソ)
『体は大丈夫だった?』

전체적으로 괜찮았습니다.
(チョンチェジョグロ ケンチャナッスムニダ)
『全体的によかったです。』

まとめ

1度は聴いたことがあるかもしれない「괜찮아요(ケンチャナヨ)」という言葉ですが、発音もかわいくて、つい使いたくなる単語だと思います。

韓国好きの集まりや日韓交流会があれば、たいていみんな知ってると思いますので、チャンスがあれば「ケンチャナヨ~(大丈夫です~)」と言ってみてください。きっとその場の会話が盛り上がると思いますよ!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

韓国語を話したい!よく使う韓国語単語 – 挨拶まとめ→