韓国語

「ごめんなさい・すみません」を韓国語では?知っておきたい使い分けまとめ

韓国語「ごめんなさい」の勉強

韓国語で「ごめんなさい」「すみません」は、「미안해요(ミアネヨ)」と言います。

日本語にも「すみません」「ごめんなさい」「ごめん」「失礼しました」などさまざまな表現がありますが、韓国も同様に謝る表現がいくつかあります。

韓国語で「ごめんなさい」「すみません」

「미안해요(ミアネヨ)」は仲が良くて距離の近い関係の人に対して使われる表現です。
親しい人や友達、年下に対しては「ごめん」「ごめんね」にあたる「미안해(ミアネ)」を使ったりします。

これをもっとカジュアルに軽い感じで謝るときは「미안(ミアン)」を使ったりします。
目上の人に対しては、丁寧な言い方の「미안합니다(ミアナムニダ)」というのが無難です。

「미안(ミアン)」は漢字で書くと「未安」となり、「済まない・気の毒だ」などの意味があります。

  • 미안해요(ミアネヨ)/『ごめんなさい・すみません』
  • 미안해(ミアネ)/『ごめん・ごめんね』
  • 미안(ミアン)/『ごめん・すまんっ』
  • 미안합니다(ミアナムニダ)/『すみません』

韓国語で「申し訳ございません」「申し訳ない」

「申し訳ございません」など、きちんとした謝罪をしたいときは「죄송합니다(チェソンハムニダ)」を使います。

普段から関わりのある仲の良い職場の同僚に、仕事のちょっとしたことで謝る場合など、「申し訳ない」にあたる「죄송해요(チェソンヘヨ)」を使ったりします。

  • 죄송합니다(チェソンハムニダ)/『申し訳ございません』
  • 죄송해요(チェソンヘヨ/『申し訳ない』

ちなみに、日本語の「失礼しました」にあたる韓国語は「실례했습니다(シルレヘッスムニダ)」と言います。

そして、本当に大きな失敗に対して謝罪する場面の「お詫び申し上げます」は「사과 드립니다(サグォ ドゥリムニダ)」という表現が使われます。ただし、これは、かなり深刻な失態に対して使われる言葉です。

「ごめんなさい」のよく使われる例文・会話

어제는 미안해요.(オジェヌン ミアネヨ)
昨日はごめんなさい。

늦어서 미안해요.(ヌジョソ ミアネヨ)
遅れてごめんなさい。

기다리게 해서 미안합니다.(キダリゲ ヘソ ミアナムニダ)
待たせてすみません。

「本当に」という意味の「정말(チョンマル)」や「진짜(チンチャ)」をつけて、謝る気持ちをより強調することもできます。

정말 미안해요.(チョンマル ミアネヨ)
本当にごめんなさい。

진짜 미안해.(チンチャ ミアネ)
本当ごめん。

まとめ

今回は韓国語で「ごめんなさい」の「미안해요(ミアネヨ)」などを学習しました。

悪気はなくてもちょっとしたことで謝る必要がある場面に出くわすかもしれません。そんなことが無ければいいのですが、相手やシチュエーションに分けて、念のために覚えておいてください。

韓国語で「ありがとう」のシーンによる使い分けまとめ

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

韓国語を話したい!よく使う韓国語単語 – 挨拶まとめ→