韓国語

韓国語の鼻音化 –「ㅇ」「ㄴ」「ㅁ」になるハングルの発音変化

韓国語の鼻音化 –「ㅇ」「ㄴ」「ㅁ」になるハングルの発音変化

パッチムの音 ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]の後ろに、ㄴ(ニウン)、ㅁ(ミウム)が続く場合、それぞれのパッチムは鼻音 ㅇ [ŋ(ng)]、ㄴ [n]、ㅁ [m]で発音されます。これを「鼻音化(びおんか)」と言います。

ここでは韓国語(ハングル)の発音変化の1つである「鼻音化」について解説していきます。また、上記とは異なる「ㄹ(リウル)の鼻音化」についても紹介します。

「ㅇ」「ㄴ」「ㅁ」になる「鼻音化」

子音のㄴ [n]とㅁ [m]、パッチムの音ㅇ [ŋ(ng)]を鼻音と言います。

パッチムの音 ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]は、次にくる初声の鼻音 ㄴ(ニウン)、ㅁ(ミウム)の影響で、それぞれ鼻音 ㅇ [ŋ]、ㄴ [n]、ㅁ [m]に変化します。

※前の文字のパッチムがㄱ、ㄷ、ㅂではなく終声(パッチムの音)が「ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]」ということです。

  • パッチムの音ㄱ [k] + ㄴ、ㅁ → ㅇ [ŋ]で発音
  • パッチムの音ㄷ [t] + ㄴ、ㅁ → ㄴ [n]で発音
  • パッチムの音ㅂ [p] + ㄴ、ㅁ → ㅁ [m]で発音

注意しておきたいのが、鼻音化することでハングルの表記が変わるのではなく、そのように発音するのが近いということです。

パッチムの音ㄱ [k] → ㅇ [ŋ]で発音

例えば「학년(ハンニョン)=学年」という単語の場合

表記通りの発音→학(ハク)+년(ニョン)→학년(ハクニョン)
実際の発音→항(ハン)+년(ニョン)→항년(ハンニョン)

년(ニョン)の初声ㄴ(ニウン)の影響で、
학(ハク)が鼻音化して항(ハン)と、鼻音で発音されます。


●국내(クンネ)国内

국(クク)+내(ネ)※初声ㄴ

↓ 국(クク)が 궁(クン)に

궁내(クンネ)※実際の発音

●식물(シンムル)植物

식(シク)+물(ムル)※初声ㅁ

↓ 식(シク)が 싱(シン)に

싱물(シンムル)※実際の発音

パッチムの音ㄷ [t] → ㄴ [n]で発音

例えば「첫눈(チョンヌン)=初雪」という単語の場合

表記通りの発音→첫(チョッ)+눈(ヌン)→첫눈(チョッヌン)
実際の発音→천(チョン)+눈(ヌン)→천눈(チョンヌン)

눈(ヌン)の初声ㄴ(ニウン)の影響で、
첫(チョッ)が鼻音化して천(チョン)と、鼻音で発音されます。
※パッチムㅅの終声はㄷ [t]


●몇 명(ミョンミョン)何人

※パッチムㅊの終声はㄷ [t]

몇(ミョッ)+명(ミョン)※初声ㅁ

↓ 몇(ミョッ)が 면(ミョン)に

면명(ミョンミョン)※実際の発音

●거짓말(コジンマル)嘘

거짓(コジッ)+말(マル)※初声ㅁ

↓ 짓(ジッ)が 진(ジン)に

거진말(コジンマル)※実際の発音

パッチムの音ㅂ [p] → ㅁ [m]で発音

例えば「입맛(イムマッ)=食欲」という単語の場合

表記通りの発音→입(イプ)+맛(マッ)→입맛(イプマッ)
実際の発音→임(イム)+맏(マッ)→임맏(イムマッ)

맛(マッ)の初声ㅁ(ミウム)の影響で、
입(イプ)が鼻音化して임(イム)と、鼻音で発音されます。


●십만(シムマン)10万

십(シプ)+만(マン)※初声ㅁ

↓ 십(シプ)が 심(シム)に

심만(シムマン)※実際の発音

●감사합니다(カムサハムニダ)ありがとうございます

감사합(カムサハプ)+니다(ニダ)※初声ㄴ

↓ 합(ハプ)が 함(ハム)に

감사함니다(カムサハムニダ)※実際の発音

ㄹ(リウル)の鼻音化

パッチムの音 ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]、ㅁ [m]、ㅇ [ŋ]の次にくる ㄹ(リウル)は、 鼻音化して ㄴ [n]で発音されます。

  • ㄹ(リウル)が鼻音化 → ㄴ [n]で発音

例えば「정리(チョンニ)=整理」という単語の場合

表記通りの発音→정(チョン)+리(リ)→정리(チョンリ)
実際の発音→정(チョン)+니(ニ)→정니(チョンニ)

리(リ)が鼻音化して니(ニ)と、鼻音で発音されます。


他の例として「심리(シムニ)=心理」という単語の場合

表記通りの発音→심(シム)+리(リ)→심리(シムリ)
実際の発音→심(シム)+니(ニ)→심니(シムニ)

리(リ)が鼻音化して니(ニ)と、鼻音で発音されます。

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!