韓国語

韓国語の激音化 – ハングルの発音変化

韓国語の激音化 – ハングルの発音変化

子音「ㄱ(キヨク)、ㄷ(ティグッ)、ㅂ(ピウプ)、ㅈ(チウッ)」と「ㅎ(ヒウッ)」が隣り合わせになると、激音「ㅋ、ㅌ、ㅍ、ㅊ」の発音になります。これを「激音化(げきおんか)」と言います。

激音化にはパッチム「ㄱ、ㄷ、ㅂ」の後ろに初声の「ㅎ」が続いて激音になる場合と、パッチム「ㅎ」の後ろに初声の「ㄱ、ㄷ、ㅈ」が続いて激音になる場合の2つのパターンがあります。

ここでは韓国語(ハングル)の発音変化である「激音化」の「パッチムㄱ、ㄷ、ㅂ+初声ㅎ」と「パッチムㅎ+初声ㄱ、ㄷ、ㅈ」の2パターンについて解説していきます。

パッチムㄱ、ㄷ、ㅂ+初声ㅎ

パッチム「ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]」は、後ろに続く初声の「ㅎ」と1つになり、激音「ㅋ、ㅌ、ㅍ」で発音されます。

※前の文字のパッチムがㄱ、ㄷ、ㅂではなく終声(パッチムの音)が「ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]」ということです。

  • パッチムの音ㄱ [k] + 初声ㅎ → ㅋ [kʰ]で発音
  • パッチムの音ㄷ [t] + 初声ㅎ → ㅌ [tʰ]で発音
  • パッチムの音ㅂ [p] + 初声ㅎ → ㅍ [pʰ]で発音

例えば「축하(チュカ)=お祝い」という単語の場合

表記通りの発音→축(チュク)+하(ハ)→축하(チュクハ)
実際の発音→추(チュ)+카(カ)→추카(チュカ)

「축」のパッチムの「ㄱ」が次の文字「하」の「ㅎ」と一つになり、「카(カ)」と、激音で発音されます。


他の例として「입학(イパク)=入学」の場合

表記通りの発音→입(イプ)+학(ハク)→입학(イプハク)
実際の発音→이(イ)+팍(パク)→이팍(イパク)

「입」のパッチムの「ㅂ」が次の文字「학」の「ㅎ」と一つになり、「팍(パク)」と、激音で発音されます。


注意しておきたいのが、激音化することでハングルの表記が変わるのではなく、そのように発音するのが近いということです。

他の激音化の例を確認してみましょう。

●못해요(モテヨ)できません

※パッチムㅅの終声はㄷ [t]

못(モッ)+해요(ヘヨ)

↓ ㅅ が ㅎ の位置で ㅌ に

모태요(モテヨ)※実際の発音

●급히(クピ)急いで

급(クプ)+히(ヒ)

↓ ㅂ が ㅎ の位置で ㅍ に

그피(クピ)※実際の発音

パッチムㅎ+初声ㄱ、ㄷ、ㅈ

パッチム「ㅎ」の影響で、後ろに続く初声「ㄱ、ㄷ、ㅈ」は、激音「ㅋ、ㅌ、ㅊ」で発音されます。

  • パッチムㅎ + 初声ㄱ → ㅋ [kʰ]で発音
  • パッチムㅎ + 初声ㄷ → ㅌ [tʰ]で発音
  • パッチムㅎ + 初声ㅈ → ㅊ [ch]で発音

例えば「좋다(チョタ)=良い」という単語の場合

表記通りの発音→좋(チョッ)+다(タ)→좋다(チョッタ)
実際の発音→조(チョ)+타(タ)→조타(チョタ)

「좋」のパッチムの「ㅎ」が次の文字「다」の「ㄷ」と一つになり、「타(タ)」と、激音で発音されます。


他の例として「어떻게(オットケ)=どうやって」の場合

表記通りの発音→어떻(オットッ)+게(ケ)→어떻게(オットッケ)
実際の発音→어떠(オット)+케(ケ)→어떠케(オットケ)

「떻」のパッチムの「ㅎ」が次の文字「게」の「ㄱ」と一つになり、「케(ケ)」と、激音で発音されます。


他の激音化の例を確認してみましょう。

●많다(マンタ)多い

많(マン)+다(タ)

↓ ㅎ が ㄷ の位置で ㅌ に

만타(マンタ)※実際の発音

●그렇지만(クロチマン)けれども

그렇(クロッ)+지만(チマン)

↓ ㅎ が ㅈ の位置で ㅊ に

그러치만(クロチマン)※実際の発音

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!