韓国語

韓国語のㅎ(ヒウッ)の弱音化・無音化 – ハングルの発音変化

韓国語のㅎ(ヒウッ)の弱音化・無音化 – ハングルの発音変化

パッチムのㄴ(ニウン)、ㄹ(リウル)、ㅁ(ミウム)、ㅇ(イウン)の後ろに子音字ㅎ(ヒウッ)で始まる文字がくる場合、ㅎ(ヒウッ)は弱く発音されるか、ほとんど発音されなくなります。これを「ㅎの弱音化(じゃくおんか)」と言います。

また、パッチムのㅎ(ヒウッ)の後ろにㅇ(イウン)で始まる文字がくる場合、ㅎ(ヒウッ)は発音されなくなります。これを「ㅎの無音化(むおんか)」と言います。

ここでは韓国語(ハングル)の発音変化である「ㅎの弱音化」と「ㅎの無音化」について解説していきます。

ㅎ(ヒウッ)の弱音化

ㅎ(ヒウッ)の弱音化は、ㄴ(ニウン)、ㄹ(リウル)、ㅁ(ミウム)、ㅇ(イウン)パッチムに、初声ㅎが続くと、ㅎの音が弱くなるため、前後の音をつなげて発音(連音化)する場合があります。

  • パッチムㄴ+初声ㅎ →初声ㄴ[n]で発音
  • パッチムㄹ+初声ㅎ →初声ㄹ[r]で発音
  • パッチムㅁ+初声ㅎ →初声ㅁ[m]で発音
  • パッチムㅇ+初声ㅎ →初声ㅇ[無音]で発音

例えば「결혼(キョロン)=結婚」という単語の場合

表記通りの発音→결(キョル)+혼(ホン)→결혼(キョルホン)
実際の発音→겨(キョ)+론(ロン)→겨론(キョロン)

「결」のパッチムの「ㄹ」が次の文字「혼」の「ㅎ」の位置に移って、「호」の部分は「로(ロ)」と発音されます。


他の例として「미안해요(ミアネヨ)=ごめんなさい」の場合

表記通りの発音→미안(ミアン)+해요(ヘヨ)→미안해요(ミアンヘヨ)
実際の発音→미아(ミア)+내요(ネヨ)→미아내요(ミアネヨ)

「안」のパッチムの「ㄴ」が次の文字「해」の「ㅎ」の位置に移って、「내(ネ)」と発音されます。


注意しておきたいのが、ㅎが弱音化してから連音化することでハングルの表記が変わるのではなく、そのように発音するのが近いということです。

他の単語でもㅎの弱音化の例を確認してみましょう。

●말하다(マラダ)話す

말(マル)+하다(ハダ)

↓ ㄹ が ㅎ の位置に

마라다(マラダ)

●전화(チョヌァ)電話

전(チョン)+화(ファ)

↓ ㄴ が ㅎ の位置に

저놔(チョヌァ)

●은행(ウネン)銀行

은(ウン)+행(ヘン)

↓ ㄴ が ㅎ の位置に

으냉(ウネン)

ㅎ(ヒウッ)の無音化

ㅎ(ヒウッ)の無音化は、パッチムㅎの後ろに子音字ㅇ(イウン)で始まる文字が続く場合、ㅎは発音されなくなります。

  • パッチムㅎ+初声ㅇ →パッチムㅎの無音化

例えば「넣어요(ノオヨ)=入れます」の場合

表記通りの発音→넣(ノッ)+어요(オヨ)→넣어요(ノッオヨ・ノホヨ)
実際の発音→너(ノ)+어요(オヨ)→너어요(ノオヨ)

「넣」のパッチム「ㅎ」の次の文字が、「어」で子音字「ㅇ」のため、パッチムㅎは発音されなくなります。


他の例として「많이(マニ)=たくさん」という単語の場合

表記通りの発音→많(マン)+이(イ)→많이(マンイ・マンヒ)
実際の発音→마(マ)+니(二)→마니(マニ)

「많」のパッチムㅎが無音化された後、もう一つのパッチム「ㄴ」が次の文字「이」の「ㅇ」の位置に移って、「니(二)」と発音されます。


このように2文字のパッチム(ダブルパッチム)の右側がㅎ(ヒウッ)の場合でも、後ろにㅇ(イウン)が続くと、パッチムㅎは発音されなくなります。

注意しておきたいのが、ㅎが無音化してから連音化することでハングルの表記が変わるのではなく、そのように発音するのが近いということです。

ㅎの無音化の他の例も確認してみましょう。

●좋아요(チョアヨ)良いです

좋(チョッ)+아요(アヨ)

↓ ㅎ が 無音化

조아요(チョアヨ)

●괜찮아요(クェンチャナヨ)大丈夫です

괜찮(クェンチャン)+아요(アヨ)

↓ ㅎ が 無音化し、ㄴ が ㅇ の位置に

괜차나요(クェンチャナヨ)


ここまで韓国語のㅎ(ヒウッ)の弱音化・無音化について解説してきました。

このほかの発音変化についてもまとめていますので、参考にしてみてください。
韓国語の発音と発音変化まとめ!基本からマスターしよう

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!