韓国語

ヘヨ体尊敬語の過去形の作り方 – 으셨어요(ウショッソヨ)셨어요(ショッソヨ)

ヘヨ体尊敬語の過去形の作り方 – 으셨어요(ウショッソヨ)셨어요(ショッソヨ)

韓国語(ハングル)の話し言葉でよく使われるヘヨ体ですが、「お~になりました、お~でした」のように過去の尊敬を表す表現を作ることができます。

ここでは、ヘヨ体尊敬語の過去形の作り方として、動詞や形容詞などにつける文末表現「으셨어요(ウショッソヨ)、셨어요(ショッソヨ)」について解説します。

まずヘヨ体尊敬語の作り方についてはこちらの記事を参考にしてくださいね!
韓国語の尊敬語の作り方(ヘヨ体) – 으세요(ウセヨ)세요(セヨ)

「으셨어요(ウショッソヨ)、셨어요(ショッソヨ)」の使い方

韓国語(ハングル)ヘヨ体尊敬語の過去形の作り方は、動詞や形容詞などの語幹に「으셨어요(ウショッソヨ)」、または「셨어요(ショッソヨ)」という語尾をつけます。

「お~になりました、お~でした」の作り方(ヘヨ体)

  • 語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으셨어요(ウショッソヨ)
  • 語幹(パッチムなし)+셨어요(ショッソヨ)
  • 語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+셨어요(ショッソヨ)

語幹に으셨어요(ウショッソヨ)と셨어요(ショッソヨ)のどちらをつけるかは、語幹の最後の文字のパッチムで決まります。

語幹の最後の文字にパッチムがある場合は、「으셨어요(ウショッソヨ)」をつけます。ただし、そのパッチムが「ㄹ(リウル)」の場合は、「ㄹ(リウル)」を取って「셨어요(ショッソヨ)」をつけます。

語幹の最後の文字にパッチムがない場合も、「셨어요(ショッソヨ)」をつけます。

語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으셨어요(ウショッソヨ)の例

● 웃다(ウッタ)笑う

웃(ウッ)+다(タ)

↓最後にパッチムあり※ㄹ(リウル)以外

웃(ウッ)+으셨어요(ウショッソヨ)

웃으셨어요(ウスショッソヨ)
お笑いになりました(お笑いでした)

「웃다(ウッタ)」の場合、語幹の最後にパッチムがあるので、「으셨어요(ウショッソヨ)」をつけて、「웃으셨어요(ウスショッソヨ)」になります。


● 찾다(チャッタ)探す

찾(チャッ)+다(タ)

↓最後にパッチムあり※ㄹ(リウル)以外

찾(チャッ)+으셨어요(ウショッソヨ)

찾으셨어요(チャジュショッソヨ)
お探しになりました(お探しでした)

同じく「찾다(チャッタ)」の場合、語幹の最後にパッチムがあるので、「으셨어요(ウショッソヨ)」をつけて、「찾으셨어요(チャジュショッソヨ)」になります。

語幹(パッチムなし)+셨어요(ショッソヨ)の例

● 만나다(マンナダ)会う

만나(マンナ)+다(タ)

↓最後にパッチムなし

만나(マンナ)+셨어요(ショッソヨ)

만나셨어요(マンナショッソヨ)
お会いになりました(お会いでした)

「만나다(マンナダ)」の場合、語幹の最後にパッチムがないので、「셨어요(ショッソヨ)」をつけて、「만나셨어요(マンナショッソヨ)」になります。


● 바쁘다(パップダ)忙しい

바쁘(パップ)+다(タ)

↓最後にパッチムなし

바쁘(パップ)+셨어요(ショッソヨ)

바쁘셨어요(パップショッソヨ)
お忙しかったです

同じく「바쁘다(パップダ)」の場合、語幹の最後にパッチムがないので、「셨어요(ショッソヨ)」をつけて、「바쁘셨어요(パップショッソヨ)」になります。

語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+셨어요(ショッソヨ)の例

● 만들다(マンドゥルダ)作る

만들(マンドゥル)+다(タ)

↓最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」

만들(マンドゥル)+셨어요(ショッソヨ)

↓ㄹ(リウル)を取る

만드셨어요(マンドゥショッソヨ)
お作りになりました(お作りでした)

「만들다(マンドゥルダ)」の場合、語幹の最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」になるので、「ㄹ(リウル)」を取って「셨어요(ショッソヨ)」をつけて、「만드셨어요(マンドゥショッソヨ)」になります。


● 살다(サルダ)住む

살(サル)+다(タ)

↓最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」

살(サル)+셨어요(ショッソヨ)

↓ㄹ(リウル)を取る

사셨어요(サショッソヨ)
お住まいになりました(お住まいでした)

同じく「살다(サルダ)」の場合、語幹の最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」になるので、「ㄹ(リウル)」を取って「셨어요(ショッソヨ)」をつけて、「사셨어요(サショッソヨ)」になります。

「お~になりましたか?、お~でしたか?」の作り方(ヘヨ体)

ヘヨ体尊敬語の過去形の文末「요」に「?」をつけてイントネーションを上げると「お~になりましたか?、お~でしたか?」という疑問の表現になります。

  • 語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으셨어요?(ウショッソヨ)
  • 語幹(パッチムなし)+셨어요?(ショッソヨ)
  • 語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+셨어요?(ショッソヨ)

お笑いになりましたか?(お笑いでしたか?)
웃으셨어요?
ウスショッソヨ?

お探しになりましたか?(お探しでしたか?)
찾으셨어요?
チャジュショッソヨ?

お会いになりましたか?(お会いでしたか?)
만나셨어요?
マンナショッソヨ?

お忙しかったですか?
바쁘셨어요?
パップショッソヨ?

お作りになりましたか?(お作りでしたか?)
만드셨어요?
マンドゥショッソヨ?

お住まいになりましたか?(お住まいでしたか?)
사셨어요?
サショッソヨ?

「하셨어요(ハショッソヨ)」の使い方

動詞や形容詞で「하다(ハダ)」がつく場合、ヘヨ体尊敬語の過去形は、「하셨어요(ハショッソヨ)」になります。

  • 하다(ハダ)→ 하셨어요(ハショッソヨ)

「하다(ハダ)」のヘヨ体尊敬語の過去形「하셨어요(ハショッソヨ)」の作り方を説明します。

● 건강하다(コンガンハダ)健康だ

건강(コンガン)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 하셨어요(ハショッソヨ)

건강(コンガン)+하셨어요(ハショッソヨ)

건강하셨어요(コンガンハショッソヨ)
健康でいらっしゃいました(お元気でした)

● 구경하다(クギョンハダ)見物する

구경(クギョン)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 하셨어요(ハショッソヨ)

구경(クギョン)+하셨어요(ハショッソヨ)

구경하셨어요(クギョンハショッソヨ)
見物なさいました(見物されました)

ヘヨ体尊敬語の過去形の作り方まとめ

ヘヨ体の過去の尊敬を表す表現の作り方について解説してきました。

ハングルのヘヨ体尊敬語の過去形で「お~になりました、お~でした」の文末表現にするために、動詞や形容詞などの語幹に「으셨어요(ウショッソヨ)」「셨어요(ショッソヨ)」をつけて作ります。

  • 語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으셨어요(ウショッソヨ)
  • 語幹(パッチムなし)+셨어요(ショッソヨ)
  • 語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+셨어요(ショッソヨ)

하다(ハダ)のつく動詞や形容詞の場合は、「하셨어요(ハショッソヨ)」にします。

  • 하다(ハダ)→ 하셨어요(ハショッソヨ)

ヘヨ体尊敬語の過去形の作り方を覚えると、目上の人が昨日されたことや過去に経験されたことを話せるようになります。

過去表現で相手に敬意を表す韓国語も、すこしずつマスターしていきましょう!

韓国語を最短ルートでマスターする勉強法まとめ!おすすめの学習方法

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!