韓国語

【韓国語の疑問詞一覧】よく使うハングルの疑問詞まとめ

【韓国語の疑問詞一覧】よく使うハングルの疑問詞まとめ

韓国語(ハングル)のよく使う疑問詞(ぎもんし)の単語を一覧表で紹介します。

疑問詞とは、場所や時間などを尋ねる疑問文で疑問を表します。「いつ」「どこ」「だれ」「何」「なぜ」などの言葉です。

単語の詳しい意味や使い方の解説はそれぞれのリンクをクリックしてくださいね。

※1 무엇(ムオッ)の縮約形は、뭐(ムォ)になります。

ここで紹介している疑問詞は、日本語の品詞分類では代名詞(いつ・どこ・だれ・どなた・なに・どれ・どちら)、連体詞(どの・どんな)、副詞(なぜ・どう)、数詞(いくつ・いくら)に分けられます。

【韓国語の単語一覧】よく使うハングルの単語まとめ

韓国語を最短ルートでマスターする勉強法まとめ!おすすめの学習方法

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!