韓国語

韓国語の濃音化 – つまる音になるハングルの発音変化

韓国語の濃音化 – つまる音になるハングルの発音変化

パッチムの音(終声)ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]の次に、ㄱ(キヨク)、ㄷ(ティグッ)、ㅂ(ピウプ)、ㅅ(シオッ)、ㅈ(チウッ)がくる場合、初声はつまって(濃音)発音されます。これを「濃音化(のうおんか)」と言います。

ここでは韓国語(ハングル)の発音変化の1つである「濃音化」について解説していきます。また漢字語と合成語の場合に起こる濃音化の規則とは異なる「特殊な濃音化」についても紹介します。

つまる音になる「濃音化」

パッチムの音 ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]の後ろに、「ㄱ、ㄷ、ㅂ、ㅅ、ㅈ」が続く場合、初声はそれぞれ濃音「ㄲ、ㄸ、ㅃ、ㅆ、ㅉ」で発音されます。

※前の文字のパッチムがㄱ、ㄷ、ㅂではなく終声(パッチムの音)が「ㄱ [k]、ㄷ [t]、ㅂ [p]」ということです。

  • パッチムの音ㄱ、ㄷ、ㅂ + ㄱ →初声ㄲで発音
  • パッチムの音ㄱ、ㄷ、ㅂ + ㄷ →初声ㄸで発音
  • パッチムの音ㄱ、ㄷ、ㅂ + ㅂ →初声ㅃで発音
  • パッチムの音ㄱ、ㄷ、ㅂ + ㅅ →初声ㅆで発音
  • パッチムの音ㄱ、ㄷ、ㅂ + ㅈ →初声ㅉで発音

例えば「식당(シクタン)=食堂」という単語の場合

表記通りの発音→식(シク)+당(タン)→식당(シクタン)
実際の発音→식(シク)+땅(ッタン)→식땅(シクッタン)

당(タン)が濃音化して땅(ッタン)と、濃音で発音されます。


他の例として「걱정(コクチョン)=心配」という単語の場合

表記通りの発音→걱(コク)+정(チョン)→걱정(コクチョン)
実際の発音→걱(コク)+쩡(ッチョン)→걱쩡(コクッチョン)

정(チョン)が濃音化して쩡(ッチョン)と、濃音で発音されます。


注意しておきたいのが、濃音化することでハングルの表記が変わるのではなく、そのように発音するのが近いということです。

※この記事では濃音化について解説しているため濃音の発音のカタカナで表記していますが、読みやすさと発音のしやすさを考慮して、このサイト全体(他の記事)では濃音で表記していない場合もあります。

他の単語でも濃音化の例を確認してみましょう。

●입구(イプク)入口

입(イプ)+구(ク)

↓ 구(ク)が 꾸(ック)に

입꾸(イプック)※実際の発音

●약속(ヤクソク)約束

약(ヤク)+속(ソク)

↓ 속(ソク)が 쏙(ッソク)に

약쏙(ヤクッソク)※実際の発音

●잡지(チャプチ)雑誌

잡(チャプ)+지(チ)

↓ 지(チ)が 찌(ッチ)に

잡찌(チャプッチ)※実際の発音

●꽃병(ッコッピョン)花瓶

꽃(ッコッ)+병(ピョン)

↓ 병(ピョン)が 뼹(ッピョン)に

꼳뼹(ッコッッピョン)※実際の発音

こちらの単語、꽃(ッコッ)のパッチムの音(終声)がㄷ [t]のため、
꽃 → 꼳 となっています。

特殊な濃音化

ここまで濃音化の発音について解説してきましたが、濃音化の規則とは異なる特殊な濃音化のパターンがあります。

それは漢字語と合成語の場合です。

漢字語の濃音化

漢字語の場合、パッチムㄹ(リウル)の後に、ㄷ(ティグッ)、ㅅ(シオッ)、ㅈ(チウッ)が続くと、濃音で発音されます。

通常、ㄹ(リウル)の後の子音字は、有声音化(濁音化)しますが、ここでは濃音化するので濁音にはならず濃音で発音されます。

【漢字語の例】

●결심(キョルシム)決心

결(キョル)+심(シム)

↓ 심(シム)が 씸(ッシム)に

결씸(キョルッシム)※実際の発音

●절대(チョルテ)絶対

절(チョル)+대(テ)

↓ 대(テ)が 때(ッテ)に

절때(チョルッテ)※実際の発音

合成語の濃音化

合成語の場合、パッチムがㄴ(ニウン)、ㄹ(リウル)、ㅁ(ミウム)、ㅇ(イウン)でも、後に続く子音字は濃音で発音されることが多いです。

【合成語の例】

●비빔밥(ピビムパプ)ビビンバ

비빔(ピビム)混ぜる +밥(パプ)ご飯

↓ 밥(パプ)が 빱(ッパプ)に

비빔빱(ピビムッパプ)※実際の発音

●일자리(イルチャリ)働き口・仕事場

일(イル)仕事 +자리(チャリ)場所

↓ 자(チャ)が 짜(ッチャ)に

일짜리(イルッチャリ)※実際の発音

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!