韓国語

「~してください」を韓国語では?으세요(ウセヨ)세요(セヨ)丁寧な指示の表現

「~してください」を韓国語では?으세요(ウセヨ)세요(セヨ)丁寧な指示の表現

丁寧な指示(命令)「~してください、お~ください」の表現を韓国語で作る場合、動詞の語幹に「으세요(ウセヨ)」、または「세요(セヨ)」をつけます。

「探す、入る、作る」などの動詞に「으세요(ウセヨ)、세요(セヨ)」をつけて「探してください、入ってください、作ってください」とハングルで表現することができます。

ここでは、「~してください、お~ください(丁寧な指示)」の意味を表す韓国語「으세요(ウセヨ)、세요(セヨ)」のさまざまな使い方を、わかりやすく説明していきます。

주세요(ジュセヨ)を使った丁寧な依頼の表現

「으세요(ウセヨ)、세요(セヨ)」の使い方

丁寧な指示を表す「으세요(ウセヨ)、세요(セヨ)」の表現を作る前に、動詞の原型と語幹、語尾を確認しておきましょう。

原型 語幹 語尾
探す チャッタ チャッ
찾다
笑う ウッタ ウッ
웃다
入る トゥロガダ トゥロガ
들어가다 들어가
会う マンナダ マンナ
만나다 만나
作る マンドゥルダ マンドゥル
만들다 만들
住む サルダ サル
살다

これらの動詞の語幹に「으세요(ウセヨ)、세요(セヨ)」をつけてみます。

「~してください、お~ください」の作り方

  • 語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으세요(ウセヨ)
  • 語幹(パッチムなし)+세요(セヨ)
  • 語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+세요(セヨ)

語幹に으세요(ウセヨ)と세요(セヨ)のどちらをつけるかは、語幹の最後の文字のパッチムで決まります。

語幹の最後の文字にパッチムがある場合は、「으세요(ウセヨ)」をつけます。ただし、そのパッチムが「ㄹ(リウル)」の場合は、「ㄹ(リウル)」を取って「세요(セヨ)」をつけます。

語幹の最後の文字にパッチムがない場合も、「세요(セヨ)」をつけます。

※丁寧な指示の表現だけでなく、尊敬の表現「お~になります、お~です」も同じ形です。
韓国語の尊敬語の作り方(ヘヨ体) – 으세요(ウセヨ)세요(セヨ)

語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으세요(ウセヨ)の例

● 찾다(チャッタ)探す

찾(チャッ)+다(タ)

↓最後にパッチムあり※ㄹ(リウル)以外

찾(チャッ)+으세요(ウセヨ)

찾으세요(チャジュセヨ)
探してください(お探しください)

「찾다(チャッタ)」の場合、語幹の最後にパッチムがあるので、「으세요(ウセヨ)」をつけて、「찾으세요(チャジュセヨ)」になります。


● 웃다(ウッタ)笑う

웃(ウッ)+다(タ)

↓最後にパッチムあり※ㄹ(リウル)以外

웃(ウッ)+으세요(ウセヨ)

웃으세요(ウスセヨ)
笑ってください(お笑いください)

同じく「웃다(ウッタ)」の場合、語幹の最後にパッチムがあるので、「으세요(ウセヨ)」をつけて、「웃으세요(ウスセヨ)」になります。

語幹(パッチムなし)+세요(セヨ)の例

● 들어가다(トゥロガダ)入る

들어가(トゥロガ)+다(タ)

↓最後にパッチムなし

들어가(トゥロガ)+세요(セヨ)

들어가세요(トゥロガセヨ)
入ってください(お入りください)

「들어가다(トゥロガダ)」の場合、語幹の最後にパッチムがないので、「세요(セヨ)」をつけて、「들어가세요(トゥロガセヨ)」になります。


● 만나다(マンナダ)会う

만나(マンナ)+다(タ)

↓最後にパッチムなし

만나(マンナ)+세요(セヨ)

만나세요(マンナセヨ)
会ってください(お会いください)

同じく「만나다(マンナダ)」の場合、語幹の最後にパッチムがないので、「세요(セヨ)」をつけて、「만나세요(マンナセヨ)」になります。

語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+세요(セヨ)の例

● 만들다(マンドゥルダ)作る

만들(マンドゥル)+다(タ)

↓最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」

만들(マンドゥル)+세요(セヨ)

↓ㄹ(リウル)を取る

만드세요(マンドゥセヨ)
作ってください(お作りください)

「만들다(マンドゥルダ)」の場合、語幹の最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」になるので、「ㄹ(リウル)」を取って「세요(セヨ)」をつけて、「만드세요(マンドゥセヨ)」になります。


● 살다(サルダ)住む

살(サル)+다(タ)

↓最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」

살(サル)+세요(セヨ)

↓ㄹ(リウル)を取る

사세요(サセヨ)
住んでください(お住みください)

同じく「살다(サルダ)」の場合、語幹の最後のパッチムが「ㄹ(リウル)」になるので、「ㄹ(リウル)」を取って「세요(セヨ)」をつけて、「사세요(サセヨ)」になります。

「하세요(ハセヨ)」の使い方

動詞で「하다(ハダ)」がつく場合、丁寧な指示の表現は、「하세요(ハセヨ)」になります。

  • 하다(ハダ)→ 하세요(ハセヨ)

「하다(ハダ)」の丁寧な指示の表現「하세요(ハセヨ)」の作り方を説明します。

● 조심하다(チョシマダ)気をつける

조심(チョシム)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 하세요(ハセヨ)

조심(チョシム)+하세요(ハセヨ)

조심하세요(チョシマセヨ)
気をつけてください(お気をつけください)

● 구경하다(クギョンハダ)見物する

구경(クギョン)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 하세요(ハセヨ)

구경(クギョン)+하세요(ハセヨ)

구경하세요(クギョンハセヨ)
見物してください(ご覧ください)

丁寧な指示の表現の作り方まとめ

丁寧な指示(命令)の表現の作り方について解説してきました。

丁寧な指示「~してください、お~ください」の文末表現にするために、動詞の語幹に「으세요(ウセヨ)」「세요(セヨ)」をつけて作ります。

  • 語幹(パッチムあり※ㄹ(リウル)以外)+으세요(ウセヨ)
  • 語幹(パッチムなし)+세요(セヨ)
  • 語幹(パッチム「ㄹ(リウル)」)+세요(セヨ)

하다(ハダ)のつく動詞の場合は、「하세요(ハセヨ)」にします。

  • 하다(ハダ)→ 하세요(ハセヨ)

丁寧な指示を表す韓国語も、すこしずつマスターしていきましょう!

韓国語を最短ルートでマスターする勉強法まとめ!おすすめの学習方法

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!