韓国旅行

韓国の祝日・祭日一覧【2019年】韓国旅行の計画を立てる前にチェック!

韓国の祝日・祭日一覧【2019年】韓国旅行の計画を立てる前にチェック!

韓国の祝祭日は新暦のものと旧暦のものがあり、旧暦の祝祭日は毎年日付が変動します。
祝祭日は韓国の会社や銀行などは休みになりますが、定番の観光スポットの古宮や博物館、百貨店、レジャー施設は開いており、ほとんどの飲食店も営業しています。

しかし、注意しておきたいのが連休になる旧正月(ソルラル)秋夕(チュソク)は、店を閉めるところが多いので、韓国旅行の前に確認していくことをおすすめします。

この時期は帰省ラッシュで交通機関も混み合いますので、旅行する際は、余裕のあるスケジュールを立てましょう。

ここでは2019年と2020年の韓国の祝祭日と連休になる期間を紹介いたします。

「祝日(しゅくじつ)」を韓国語では?韓国の祝祭日に関するハングル一覧

【2019年】韓国の祝祭日一覧

※ 毎年日付が変動する旧暦の祝祭日は、旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク)、釈迦誕生日になります。また旧正月(ソルラル)、秋夕(チュソク)は前後の三日間が連休となります。

【2020年】韓国の祝祭日一覧

※ 今後、振り替え休日の適用対象が拡大された場合、上記以外の日も休みになることがあります。

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

韓国旅行にWi-Fi(ワイファイ)は必要?レンタルして行くべきたった1つの理由→

こちらの記事もオススメです!