韓国音楽

Zion.T(ジャイアンティ 자이언티)は無限挑戦にも出演した韓国のヒップホップ歌手

Zion.T(ジャイアンティ)

Zion.T(ジャイアンティ)は、2011年にシングルアルバム「Click Me」でデビューした韓国のヒップホップ歌手です。

「양화대교(楊花(ヤンファ)大橋)」「Just(그냥)」「Eat(꺼내 먹어요)」など多くのヒット曲を出しています。

私がZion.T(ジャイアンティ)を知ったきっかけは韓国の大人気テレビ番組「無限に挑戦」を見てからです。

番組放送中からZion.Tのキャラクターが気になっていましたが、歌っている姿がまったく想像できず動画を検索してみました。そこで初めて見た曲が、「양화대교(楊花(ヤンファ)大橋)」でした。

タクシードライバーであった父に、かつて子供であった頃、「今どこ?」と聞くと、父はいつも「楊花(ヤンファ)大橋だよ」と答えていた。そして自分も大人になりその橋を通るたび父を思い出すという、Zion.T本人の家族のことを歌った曲です。

「양화대교(楊花(ヤンファ)大橋)」はお気に入りの一曲です。

Zion.Tの無限挑戦歌謡祭での楽曲

次に、無限挑戦歌謡祭で披露された「SPONSER」がやっぱり口ずさみたくなる素晴らしい曲です。

삼겹살 항정살 가브리살 무한 제공
サムギョプサル ハンジョンサル ガブリサル 無限提供~♪

このフレーズを何百回歌っていることか。

SPONSER(スポンサー) – ウットゥゴタシ

으뜨거따시(ウットゥゴタシ)というグループ名で無限挑戦のメンバーであるHaHaとZion.Tによる楽曲「$ponser스폰서(スポンサー) 」。

実際にハハとZion.Tが済州島でみんなでサムギョプサル食べていましたね!

나 해솔이 아빤데 010
僕ヘソルのパパだけど010~♪

こちらは実際のレコーディングにZion.Tの父を連れてきて、声を録音していましたけど、このような遊び心溢れるセンスが素晴らしいと思いました。

そして2015年8月13日に開催された「無限に挑戦」の「嶺東(ヨンドン)高速道路歌謡祭」でハハとZion.Tは「SPONSER」のステージでZion.Tの携帯電話番号を、イベントの一環として公開しました。

この番号に掛けるとZion.Tの声が録音された電話に繋がるという企画なのです。
しかしこれが少しだけ問題となったようです。

公開した携帯電話の番号はイベントを目的としたお楽しみ的な要素のため、22日の放送日を基準に一週間に渡って視聴者と共に企画を行う予定だったようです。

しかし、ステージで公開された電話番号と似た番号を使っている人へ、意図しない被害が発生したようで、テレビ放送後にさらに大きな迷惑が掛からないように、この電話番号イベントは途中から行わないようにしたそうです。

テレビ放送の関連シーンと楽曲の音源は電話番号がわからないように、うまく編集されていました。

Zion.Tのプロフィール紹介

Zion.T(ジャイアンティ)

読み方:ザイオンティ、ジャイオンティ、ジャイアンティ…
生年月日: 1989年4月13日
本名:김해솔 (キム ヘソル)
レーベル:Amoeba Culture(アメーバカルチャー)

Zion.Tはヒップホップ歌手と言いましたが、一言では表しづらいものがあります。

R&Bシンガーとも言えますし、シンガーソングライターであり、音楽プロデューサーでもあります。

2011年に発表したデジタルシングル「Click Me」でデビューを果たし、韓国のUsher(アッシャー)と言われていたようです。

そして、2013年4月に発表したのが、デビューアルバム「Red Light」でした。
楽曲的には、R&Bをベースとしたネオソウル、ヒップホップ、レゲエなど、様々なジャンルの楽曲が11曲収録されています。

Primaryのアルバムにもフィーチャンリング・ヴォーカリストで参加しています。
またSHINeeのジョンヒョンのソロ曲「Deja-boo」は、Zion.Tがフィーチャリングで参加して各種音楽配信チャート1位を総なめにしました。あの独特の歌声が耳から離れなくなってしまった人も多いようです。

Zion.Tのディスコグラフィー

韓国で発売されているZion.Tのアルバム音源を紹介しておきます。

Red Light

Zion.T 1集 - Red Light (韓国盤)

韓国盤CDアルバム

製作元:ロエンENT

発売日:2013/4/9

[トラックリスト]

1. O
2. Doop (Feat. Verbal Jint)
3. 傲慢だ
4. She (Feat. Beenzino)
5. Neon
6. Babay (Feat. Gaeko)
7. 地球温暖化 (Feat. YDG)
8. お決まりのメロディー (Feat. Crush)
9. Doop (Inst.)
10. Neon’ / Director’s Cut
11. Click Me (2013) (Feat. Dok2)

その他のシングル楽曲

Click Me

発売日:2011/4/29

뻔한 멜로디

発売日:2013/3/6

미러볼 (노래)|미러볼

発売日:2013/12/19

양화대교

양화대교 (Yanghwa Brdg)
発売日:2014/9/22

강승원 1집 만들기 프로젝트 Part 3:무중력

発売日:2015/3/23

Eat

꺼내 먹어요 (Eat) - Single
発売日:2015/5/19

No Make Up

No Make Up - Single
発売日:2015/10/12

その他のプロジェクト楽曲

Young

Young - Single
発売日:2015/2/2

으뜨거따시 ($ponsor)

発売日:2015

Zion.Tのオススメの5曲

Yanghwa BRDG 楊花(ヤンファ)大橋(양화대교)


ヤンファ大橋(양화대교/Yanghwa Bridge) 歌詞和訳

Just(그냥)


Just(ただ/그냥) 歌詞和訳

Eat(꺼내 먹어요)


Eat(取り出して食べて/꺼내 먹어요) 歌詞和訳

Babay (feat.Gaeko)

No Make Up(노메이크업)

最後に

Zion.Tは、曲をリリースすれば各種音楽配信チャートで上位に入っていましたが、もともとテレビの露出が少なく、韓国ではポピュラーな音楽としてそこまで広く知られていませんでした。
しかし、無限挑戦出演後には個性的なキャラクターと、もともとの素晴らしい音楽的センスで、すごいスピードで売れていったようです。

今の日本の音楽チャートにはいないタイプのアーティストですが、R&Bなどにあまり馴染みのない私でしたが、実際に聴いてみると気に入ってしまいましたので、韓国だけでなく日本でも広く聴かれるようになれば良いなと思います。

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中