韓国語

「ごちそうさまでした」を韓国語では?食事後やご馳走になったときの挨拶

「ごちそうさまでした」を韓国語では?

韓国語で「ごちそうさまでした」は「잘 먹었습니다(チャル モゴッスミダ)」と言います。

食事が終わった後や何かをご馳走になったときの挨拶として使われます。

韓国語で「ごちそうさま・ごちそうさまでした」

「ごちそうさまでした」を韓国語で「잘 먹었습니다(チャル モゴッスミダ)」と言います。

ここでの「먹(モッ)」の原型は「먹다(モクタ)」で「食べる」という意味になります。

「었(オッ)」は、動作を行ったという過去形を表しています。

「잘(チャル)」は「よく」なので、「잘 먹었습니다(チャル モゴッスミダ)」は、直訳すると「よく食べました」となり「ごちそうさまでした」という意味になります。

距離が近い関係の人にご馳走になったときや、おごってもらったときなど、カジュアルな「ごちそうさま」の言い方として「잘 먹었어요(チャル モッゴッソヨ)」「잘 먹었어(チャル モッゴッソ)」が使われることもあります。

  • 잘 먹었습니다(チャル モゴッスミダ)/『ごちそうさまでした』
  • 잘 먹었어요(チャル モッゴッソヨ)/『ごちそうさま』
  • 잘 먹었어(チャル モッゴッソ)/『ごちそうさま』

「いただきます」を韓国語では?食事前やご馳走になるときの挨拶

「ごちそうさまでした」の日本との違い

日本で「ごちそうさまでした」は「神様や自然の恵みに感謝します」という意味を含んでいますが、韓国ではその場にいる作ってくれた人やご馳走してくれた人に対しての感謝の意味で使われることが多いです。

韓国に行ったら、食事を済ませてお店を出るときに「ごちそうさまでした」と店員さんに言ってみてください。

韓国語「ごちそうさま・ごちそうさまでした」の会話例

맛있었어요. 잘 먹었습니다.
(マシソッソヨ チャル モゴッスミダ)
『美味しかったです ごちそうさまでした。』

또 오세요.
(ト オセヨ)
『また来てください。』


배불러요. 잘 먹었습니다.
(ペブロヨ チャル モゴッスミダ)
『お腹いっぱいです ごちそうさまでした。』

감사합니다.
(カムサハムニダ)
『ありがとうございます。』

まとめ

韓国旅行や韓国料理店の食事後や会計時に店員さんに韓国語で「ごちそうさま」と言ってみてください。

「美味しかったです」という気持ちを込めて、「ごちそうさま」と挨拶すると、店員さんも「また来てください」と感謝を込めて気持ちよく送り出してくれると思いますよ。

「美味しい」を韓国語では?美味しい料理を食べたときに使えるフレーズまとめ

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

韓国語を話したい!よく使う韓国語単語 – 挨拶まとめ→