韓国語

「疲れた(つかれた)」を韓国語では?仕事や勉強で体が疲れたとき

「疲れた(つかれた)」を韓国語では?

韓国語で「疲れた(つかれた)」を「피곤했어요(ピゴネッソヨ)」と言います。

過去形ではなく「疲れる(つかれる)」を「피곤해요(ピゴネヨ)」と言います。

フランクな言い方としてパンマル(タメ口)では「피곤해(ピゴネ)」と使われます。

日本語と同じようにいま疲れている状態でも「疲れた~」ということがあり、韓国語でも「피곤해요~(ピゴネヨ~)」になります。

仕事や勉強で体が疲れたときは「ピゴネ~!(疲れた~!)」と使ってみてくださいね!
そして休憩に好きな韓国ドラマを見たり、K-POPを聴いたりして疲れを癒やしてください!

韓国語で「疲れる(つかれる)」

「疲れる(つかれる)」を韓国語で「피곤해요(ピゴネヨ)」と言います。

丁寧な言い方では「피곤합니다(ピゴナムニダ)」と言われます。

「疲れる」の原型は「피곤하다(ピゴナダ)」となります。

「피곤(ピゴン)」は「疲労」という意味で、それに「하다(ハダ)~する」を繋げて「피곤하다(ピゴナダ)疲れる」になります。

「피곤하다(ピゴナダ)」と似たような単語として「大変だ」という意味の「힘들다(ヒムドゥルダ)」があります。

「힘들다」は、力を使ったときなど、「疲れた」よりも「辛くて大変だ」というニュアンスが強いので合わせて覚えてみてください。

「大変だ・辛い」を韓国語では?「힘들어요(ヒムドゥロヨ)」

韓国語で「疲れた(つかれた)」

「疲れる」の過去形である「疲れた」を韓国語で「피곤했어요(ピゴネッソヨ)」と言います。

フランクな言い方としてパンマル(タメ口)で「피곤했어(ピゴネッソ)」と使われることが多いです。

「疲れました」と丁寧な言い方では「피곤했습니다(ピゴネッスム二ダ)」となります。

韓国語「疲れる(つかれる)」のよく使われる会話フレーズ

오늘은 피곤했어요.
(オヌルン ピゴネッソヨ)
『今日は疲れました。』

비가 오는 날은 피곤해요.
(ピガ オヌン ナルン ピゴネヨ)
『雨が降る日は疲れます。』

피곤할 때는 자요
(ピゴナル ッテヌン チャヨ)
『疲れた時は寝ます。』

정말 피곤하네요.
(チョンマル ピゴナネヨ)
『本当に疲れますね。』

너무 너무 피곤해요!
(ノム ノム ピゴネヨ)
『超疲れた!』

피곤해서 죽겠어요!
(ピゴネソ チュッケッソヨ)
『疲れて死にそうです!』

피곤하지 않아요?
(ピゴナジ アナヨ)
『疲れていませんか?』

피곤해서 눈물이 나겠어요.
(ピゴネソ ヌンムリ ナゲッソヨ)
『疲れて涙が出そうです。』

疲れていることをより強調したい場合は「아주(アジュ)とても」「정말(チョンマル)本当に」「진짜(チンチャ)マジで」「되게(テゲ)めちゃ 」などを前に繋げて使えばいいですね。

また、「피곤해서(ピゴネソ)=疲れて~」「피곤하니까(ピゴナニッカ)=疲れたから~」「피곤하면(ピゴナミョン)=疲れたら~/疲れたならば~」のように活用することができます。

まとめ

人生楽なことばかりではありませんよね。頑張って仕事したり、勉強すれば疲れるときはあります。

何か体が疲れたなと思ったときは「ピゴネヨ~!(疲れた~!)」と言ってみてくださいね!

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

韓国語を話したい!よく使う韓国語単語 – 挨拶まとめ→