韓国語

「~してみてください」を韓国語では?보세요(ボセヨ)丁寧に勧めるハングル表現

「~してみてください」を韓国語では?보세요(ボセヨ)丁寧に勧めるハングル表現

韓国語で「~してみてください」という丁寧に勧める表現を作る場合、動詞などの語幹に「아 보세요(ア ボセヨ)」、または「어 보세요(オ ボセヨ)」をつけます。

「住む、食べる、行く」などの動詞に「~아(어) 보세요(ボセヨ)」をつけて「住んでみてください、食べてみてください、行ってみてください」とハングルで表現することができます。

ここでは、「~してみてください」の意味を表す韓国語「~아(어) 보세요(ボセヨ)」のさまざまな使い方を、わかりやすく説明していきます。

「~아(어) 보세요(ボセヨ)」の使い方

丁寧に勧める「~아(어) 보세요(ボセヨ)」の表現を作る前に、動詞の原型と語幹、語尾を確認しておきましょう。

原型 語幹 語尾
住む サルダ サル
살다
食べる モクタ モク
먹다
行く カダ
가다

これらの動詞の語幹に丁寧に勧める表現「~아(어) 보세요(ボセヨ)」をつけてみます。

韓国語「~してみてください」

  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ)+아 보세요(ア ボセヨ)
  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ以外)+어 보세요(オ ボセヨ)

語幹の最後の母音がㅏ(ア)、ㅗ(オ)の場合は、「아 보세요(ア ボセヨ)」をつけ、ㅏ(ア)、ㅗ(オ)以外の場合は、「어 보세요(オ ボセヨ)」をつけます。

語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ)+아 보세요(ア ボセヨ)の例

● 살다(サルダ)住む

살(サル)+다(タ)

↓最後の母音が「ㅏ(ア)」

살(サル)+아 보세요(ア ボセヨ)

살아 보세요(サラ ボセヨ)
住んでみてください

「살다(サルダ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」になるので、「아 보세요(ア ボセヨ)」をつけて、「살아 보세요(サラ ボセヨ)」になります。

語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ以外)+어 보세요(オ ボセヨ)の例

● 먹다(モクタ)食べる

먹(モク)+다(タ)

↓最後の母音が「ㅓ(オ)」

먹(モク)+어 보세요(オ ボセヨ)

먹어 보세요(モゴ ボセヨ)
食べてみてください

「먹다(モクタ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅓ(オ)」になるので、「어 보세요(オ ボセヨ)」をつけて、「먹어 보세요(モゴ ボセヨ)」になります。

아(ア)や어(オ)が縮約する例

動詞の語幹の最後が母音で終わる場合(語幹の最後にパッチムがない場合)、語幹の最後の母音と語尾「~아(어) 보세요」の「아(ア)」や「어(オ)」は通常、縮約されます。

● 가다(カダ)行く

가(カ)+다(タ)

↓最後の母音が「ㅏ(ア)」

가(カ)+아 보세요(ア ボセヨ)

↓아(ア)が脱落

가 보세요(カ ボセヨ)
行ってみてください

「가다(カダ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)」になるので、「아 보세요(ア ボセヨ)」をつけますが、아(ア)が脱落して「가 보세요(カ ボセヨ)」になります。

詳しくは、「韓国語のヘヨ体の作り方」の記事のヘヨ体の縮約形の作り方を参考にしてみてください。

「해 보세요(ヘ ボセヨ)」の使い方

「하다(ハダ)」がつく動詞の場合は、「해 보세요(ヘ ボセヨ)」をつけます。

  • 하다(ハダ)→ 해 보세요(ヘ ボセヨ)

「해 보세요(ヘ ボセヨ)」の作り方を説明します。

● 공부하다(コンブハダ)勉強する

공부(コンブ)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 해 보세요(ヘ ボセヨ)

공부(コンブ)+해 보세요(ヘ ボセヨ)

공부해 보세요(コンブヘ ボセヨ)
勉強してみてください

● 생각하다(センガカダ)考える

생각(センガク)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 해 보세요(ヘ ボセヨ)

생각(センガク)+해 보세요(ヘ ボセヨ)

생각해 보세요(センガケ ボセヨ)
考えてみてください

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!