韓国語

韓国語「こそあど」言葉のハングル一覧表 – わかりやすい覚え方・例文まとめ

韓国語「こそあど」言葉のハングル一覧表 – わかりやすい覚え方・例文まとめ

こそあど言葉とは、「これ・それ・あれ・どれ」などの「もの・人・場所」を指し示す働きを持った言葉をまとめた呼び方です。

ここでは韓国語の「こそあど(指示代名詞など)」の表現をまとめて覚えるために、「こそあど言葉のハングル一覧表」と「わかりやすい覚え方」を紹介します。

韓国語を話すときにもよく使われる「こそあど」の表現を、まとめて覚えていきましょう。

こそあど言葉のハングル一覧表

この その あの どの
チョ オヌ
어느
これ それ あれ どれ
イゴッ クゴッ チョゴッ オヌ ゴッ
이것 그것 저것 어느 것
こちら そちら あちら どちら
イチョク クチョク チョチョク オヌ チョク
이쪽 그쪽 저쪽 어느 쪽
ここ そこ あそこ どこ
ヨギ コギ チョギ オディ
여기 거기 저기 어디

こそあど言葉のわかりやすい覚え方

この・その・あの・どの

名詞につけて「この・その・あの」と言う場合、「이(イ)・그(ク)・저(チョ)」を使います。

例:「この・その・あの」 + かばん

이(イ)この + 가방(カバン)かばん
이 가방(イ カバン)このかばん

그(ク)その + 가방(カバン)かばん
그 가방(ク カバン)そのかばん

저(チョ)あの + 가방(カバン)かばん
저 가방(チョ カバン)あのかばん

「この・その・あの」のわかりやすい韓国語の覚え方として、

「이(イ)・그(ク)・저(チョ)」
→(イ・ク・チョ)

「いくぞ~」(イクジョ~)

と覚えてみてください。

意外と韓国語を勉強している周りの人で「いくぞ~」と覚えている人も多いので、韓国友達と話すときのネタになるかもしれませんね!

そして「この・その・あの」に「どの 어느(オヌ)」を追加して、「こそあど」の基本を覚えてください。

  • この → 이(イ)
  • その → 그(ク)
  • あの → 저(チョ)
  • どの → 어느(オヌ)

これ・それ・あれ・どれ

「この・その・あの・どの」の「이(イ)・그(ク)・저(チョ)・어느(オヌ)」に、「もの」という意味を表す「것(コッ)」がついて、「これ・それ・あれ・どれ」になります。

  • これ → 이것(イゴッ)
  • それ → 그것(クゴッ)
  • あれ → 저것(チョゴッ)
  • どれ → 어느 것(オヌ ゴッ)

例:これは~

이것(イゴッ)これ + 은(ウン)は
이것은(イゴスン)これは

「이것(イゴッ)・그것(クゴッ)・저것(チョゴッ)」は、助詞 은(ウン)と縮約して

「이건(イゴン)・그건(クゴン)・저건(チョゴン)」
になります。

また、助詞 이(イ)と縮約して

「이게(イゲ)・그게(クゲ)・저게(チョゲ)」
になります。

例:これが~

이것(イゴッ)これ + 이(イ)が
이것이(イゴシ)これが

助詞 이との縮約形は
이게(イゲ)これが

こちら・そちら・あちら・どちら

「この・その・あの・どの」の「이(イ)・그(ク)・저(チョ)・어느(オヌ)」に、「側」という意味を表す「쪽(チョク)」がついて、「こちら・そちら・あちら・どちら」になります。

  • こちら → 이쪽(イチョク)
  • そちら → 그쪽(クチョク)
  • あちら → 저쪽(チョチョク)
  • どちら → 어느 쪽(オヌ チョク)

例:こちらは~

이쪽(イチョク)こちら + 은(ウン)は
이쪽은(イチョグン)こちらは

ここ・そこ・あそこ・どこ

「ここ・そこ・あそこ・どこ」は場所を指し示す言葉です。

  • ここ → 여기(ヨギ)
  • そこ → 거기(コギ)
  • あそこ → 저기(チョギ)
  • どこ → 어디(オディ)

例:ここは~

여기(ヨギ)ここ + 는(ヌン)は
여기는(ヨギヌン)ここは


たくさんあるように見えますが、「이(イ)・그(ク)・저(チョ)・어느(オヌ)」に「것(コッ)」や「쪽(チョク)」などをつければ、まとめて覚えられそうですよね。

まずは、

「이(イ)・그(ク)・저(チョ)」
「いくぞ~」(イクジョ~)

から覚えてみてくださいね!

【韓国語の単語一覧】よく使うハングルの単語まとめ

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!