韓国語

韓国語の過去形の作り方(ハムニダ体)- 았습니다(アッスムニダ)었습니다(オッスムニダ)

韓国語の過去形の作り方(ハムニダ体)- 았습니다(アッスムニダ)었습니다(オッスムニダ)

韓国語(ハングル)の丁寧な表現の1つにハムニダ体があります。

かしこまった表現のハムニダ体ですが、「~しました、~でした」のように過去の表現を作ることができます。

ここでは、ハムニダ体の過去形の作り方として、動詞や形容詞などにつける文末表現「았습니다(アッスムニダ)、었습니다(オッスムニダ)」について解説します。

ハムニダ体の作り方についてはこちらの記事を参考にしてくださいね!
韓国語のハムニダ体の作り方 – 습니다(スムニダ)ㅂ니다(ムニダ)

ハムニダ体の過去形の作り方

韓国語(ハングル)ハムニダ体の過去形の作り方は、動詞や形容詞の語幹に「았습니다(アッスムニダ)」、または「었습니다(オッスムニダ)」という語尾をつけます。

「~しました、~でした」の作り方

「(動詞)しました」、「(形容詞)でした」というハムニダ体の過去の表現を作ってみましょう。

  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ)+았습니다(アッスムニダ)
  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ以外)+었습니다(オッスムニダ)

語幹の最後の母音がㅏ(ア)、ㅗ(オ)の場合は、「았습니다(アッスムニダ)」をつけ、ㅏ(ア)、ㅗ(オ)以外の場合は、「었습니다(オッスムニダ)」をつけます。

語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ)+았습니다(アッスムニダ)の例

● 놀다(ノルダ)遊ぶ

語幹:놀(ノル)、語尾:다(タ)

↓最後の母音が「ㅗ(オ)」

놀(ノル)+았습니다(アッスムニダ)

놀았습니다(ノラッスムニダ)
遊びました

「놀다(ノルダ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅗ(オ)」になるので、「았습니다(アッスムニダ)」をつけて、「놀았습니다(ノラッスムニダ)」になります。


● 좋다(チョタ)良い

語幹:좋(チョ)、語尾:다(タ)

↓最後の母音が「ㅗ(オ)」

좋(チョ)+았습니다(アッスムニダ)

좋았습니다(チョアッスムニダ)
良かったです

「좋다(チョタ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅗ(オ)」になるので、「았습니다(アッスムニダ)」をつけて、「좋았습니다(チョアッスムニダ)」になります。

語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ以外)+었습니다(オッスムニダ)の例

● 먹다(モクタ)食べる

語幹:먹(モク)、語尾:다(タ)

↓最後の母音が「ㅓ(オ)」

먹(モク)+었습니다(オッスムニダ)

먹었습니다(モゴッスムニダ)
食べました

「먹다(モクタ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅓ(オ)」になるので、「었습니다(オッスムニダ)」をつけて、「먹었습니다(モゴッスムニダ)」になります。


● 맛있다(マシッタ)おいしい

語幹:맛있(マシッ)、語尾:다(タ)

↓最後の母音が「ㅣ(イ)」

맛있(マシッ)+었습니다(オッスムニダ)

맛있었습니다(マシッソッスムニダ)
おいしかったです

「맛있다(マシッタ)」の場合、語幹の最後の母音が「ㅣ(イ)」になるので、「었습니다(オッスムニダ)」をつけて、「맛있었습니다(マシッソッスムニダ)」になります。

「~しましたか?、~でしたか?」の作り方

ハムニダ体の文末「다」を「까?」に変えて、イントネーションを上げると「~しましたか?、~でしたか?」という疑問の表現になります。

  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ)+았습니까?(アッスムニッカ)
  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ以外)+었습니까?(オッスムニッカ)

遊びましたか?
놀았습니까?
ノラッスムニッカ

良かったですか?
좋았습니까?
チョアッスムニッカ

食べましたか?
먹었습니까?
モゴッスムニッカ

おいしかったですか?
맛있었습니까?
マシッソッスムニッカ

하다(ハダ)のつく動詞や形容詞のハムニダ体の過去形

動詞や形容詞で「하다(ハダ)」がつく場合、ハムニダ体の過去形は、「했습니다(ヘッスムニダ)」になります。

  • 하다(ハダ)→ 했습니다(ヘッスムニダ)

「하다(ハダ)」のハムニダ体の過去形「했습니다(ヘッスムニダ)」の作り方を説明します。

● 사랑하다(サランハダ)愛する

사랑(サラン)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 했습니다(ヘッスムニダ)

사랑(サラン)+했습니다(ヘッスムニダ)

사랑했습니다(サランヘッスムニダ)
愛しました(愛していました)

● 공부하다(コンブハダ)勉強する

공부(コンブ)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 했습니다(ヘッスムニダ)

공부(コンブ)+했습니다(ヘッスムニダ)

공부했습니다(コンブヘッスムニダ)
勉強しました

● 요리하다(ヨリハダ)料理する

요리(ヨリ)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 했습니다(ヘッスムニダ)

요리(ヨリ)+했습니다(ヘッスムニダ)

요리했습니다(ヨリヘッスムニダ)
料理しました

● 감동하다(カムドンハダ)感動する

감동(カムドン)+하다(ハダ)

↓하다(ハダ)→ 했습니다(ヘッスムニダ)

감동(カムドン)+했습니다(ヘッスムニダ)

감동했습니다(カムドンヘッスムニダ)
感動しました

ハムニダ体の過去表現の縮約形

「(動詞)しました」、「(形容詞)でした」のハムニダ体の過去表現の縮約された形について解説します。

動詞や形容詞の語幹の最後が母音で終わる場合(語幹の最後にパッチムがない場合)、語幹の最後の母音と語尾「았습니다(アッスムニダ)」「었습니다(オッスムニダ)」の「아(ア)」や「어(オ)」は通常、縮約されます。

ヘヨ体の縮約形と同じで、ハムニダ体の過去形にも次の3つの縮約パターンがあります。
(※ハムニダ体の現在形の作り方はパッチムの有無で決まります。)

  • 合体するパターン
  • 아(ア)・어(オ)が脱落するパターン
  • ㅡ(ウ)が脱落するパターン

順番に解説していきますね。

合体するパターン

語幹の最後の母音と아(ア)・어(オ)が合体するパターン。

ハムニダ体の過去表現も縮約形が合体するのは、語幹の最後の母音が「ㅗ(オ)ㅣ(イ)ㅜ(ウ)ㅚ(ウェ)」の動詞や形容詞です。

  • ㅗ(オ)+았습니다(アッスムニダ)
  • ㅣ(イ)+었습니다(オッスムニダ)
  • ㅜ(ウ)+었습니다(オッスムニダ)
  • ㅚ(ウェ)+었습니다(オッスムニダ)

語幹の最後が、それぞれの母音になっている単語の例を出してみます。

  • ㅗ(オ)→오다(オダ)来る
  • ㅣ(イ)→마시다(マシダ)飲む
  • ㅜ(ウ)→배우다(ペウダ)習う
  • ㅚ(ウェ)→되다(トェダ)なる

● 오다(オダ)来る

오(オ)+다(タ)

오(オ)+았습니다(アッスムニダ)

↓ㅘ(ワ)

왔습니다(ワッスムニダ)
来ました

● 마시다(マシダ)飲む

마시(マシ)+다(タ)

마시(マシ)+었습니다(オッスムニダ)

↓ㅕ(ヨ)

마셨습니다(マショッスムニダ)
飲みました

● 배우다(ペウダ)習う

배우(ペウ)+다(タ)

배우(ペウ)+었습니다(オッスムニダ)

↓ㅝ(ウォ)

배웠습니다(ペウォッスムニダ)
習いました

● 되다(トェダ)なる

되(トェ)+다(タ)

되(トェ)+었습니다(オッスムニダ)

↓ㅙ(ウェ)

됐습니다(トェッスムニダ)
なりました(結構です)


このように語幹が母音で終わる場合は、通常、ハムニダ体の過去形は縮約されますが、縮約されない動詞や形容詞もあります。

例:쉬다(シュィダ)休む

쉬(シュィ)+다(タ)

쉬(シュィ)+었습니다(オッスムニダ)

쉬었습니다(シュィオッスムニダ)
休みました

아(ア)・어(オ)が脱落するパターン

語幹の最後の母音の後ろで아(ア)・어(オ)が脱落するパターン。

ハムニダ体の過去表現も縮約形で「았습니다(アッスムニダ)」「었습니다(オッスムニダ)」の「아(ア)」や「어(オ)」が脱落するのは、語幹の最後の母音が「ㅏ(ア)ㅓ(オ)ㅐ(エ)ㅔ(エ)ㅕ(ヨ)」の動詞や形容詞です。

  • ㅏ(ア)+았습니다(アッスムニダ)
  • ㅓ(オ)+었습니다(オッスムニダ)
  • ㅐ(エ)+었습니다(オッスムニダ)
  • ㅔ(エ)+었습니다(オッスムニダ)
  • ㅕ(ヨ)+었습니다(オッスムニダ)

語幹の最後が、それぞれの母音になっている単語の例を出してみます。

  • ㅏ(ア)→사다(サダ)買う
  • ㅓ(オ)→서다(ソダ)立つ
  • ㅐ(エ)→내다(ネダ)出す
  • ㅔ(エ)→세다(セダ)強い
  • ㅕ(ヨ)→켜다(キョダ)つける(電気など)

● 사다(サダ)買う

사(サ)+다(タ)

사(サ)+았습니다(アッスムニダ)

↓아(ア)が脱落

샀습니다(サッスムニダ)
買いました

● 서다(ソダ)立つ

서(ソ)+다(タ)

서(ソ)+었습니다(オッスムニダ)

↓어(オ)が脱落

섰습니다(ソッスムニダ)
立ちました

● 내다(ネダ)出す

내(ネ)+다(タ)

내(ネ)+었습니다(オッスムニダ)

↓어(オ)が脱落

냈습니다(ネッスムニダ)
出しました

● 세다(セダ)強い

세(セ)+다(タ)

세(セ)+었습니다(オッスムニダ)

↓어(オ)が脱落

셌습니다(セッスムニダ)
強かったです

● 켜다(キョダ)つける

켜(キョ)+다(タ)

켜(キョ)+었습니다(オッスムニダ)

↓어(オ)が脱落

켰습니다(キョッスムニダ)
つけました

ㅡ(ウ)が脱落するパターン

語幹の最後の母音ㅡ(ウ)が脱落するパターン。(으変則活用)

ハムニダ体の過去表現も縮約形で、語幹の最後の母音が「ㅡ(ウ)」の場合、その「ㅡ(ウ)」は脱落して、「았습니다(アッスムニダ)」「었습니다(オッスムニダ)」がつきます。

語幹が2文字以上で、「ㅡ(ウ)」の1つ前の母音がㅏ(ア)、ㅗ(オ)の場合は、「았습니다(アッスムニダ)」がつき、ㅏ(ア)、ㅗ(オ)以外や1文字の場合は、「었습니다(オッスムニダ)」がつきます。

  • 2文字以上(ㅏ、ㅗ)+았습니다(アッスムニダ)
  • 2文字以上(ㅏ、ㅗ以外)+었습니다(オッスムニダ)
  • 1文字 +었습니다(オッスムニダ)

それぞれの単語の例を出してみます。

  • 2文字以上(ㅏ、ㅗ)→바쁘다(パップダ)忙しい
  • 2文字以上(ㅏ、ㅗ以外)→예쁘다(イェップダ)綺麗だ
  • 1文字 →쓰다(ッスダ)書く

● 바쁘다(パップダ)忙しい

바쁘(パップ)+다(タ)

바쁘(パップ)+았습니다(アッスムニダ)

↓ㅡ(ウ)脱落

바빴습니다(パッパッスムニダ)
忙しかったです

● 예쁘다(イェップダ)綺麗だ

예쁘(イェップ)+다(タ)

예쁘(イェップ)+었습니다(オッスムニダ)

↓ㅡ(ウ)脱落

예뻤습니다(イェッポッスムニダ)
綺麗でした

● 쓰다(ッスダ)書く

쓰(ッス)+다(タ)

쓰(ッス)+었습니다(オッスムニダ)

↓ㅡ(ウ)脱落

썼습니다(ッソッスムニダ)
書きました

ハムニダ体の過去形の作り方まとめ

ハムニダ体の過去形の作り方について解説してきました。

ハムニダ体の過去形で「~しました、~でした」の文末表現にするために、動詞や形容詞の語幹に「았습니다(アッスムニダ)」「었습니다(オッスムニダ)」をつけて作ります。

  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ)+았습니다(アッスムニダ)
  • 語幹(最後の母音がㅏ、ㅗ以外)+었습니다(オッスムニダ)

하다(ハダ)のつく動詞や形容詞の過去形は、「했습니다(ヘッスムニダ)」にします。

  • 하다(ハダ)→ 했습니다(ヘッスムニダ)

語幹の最後が母音で終わる場合は、ヘヨ体と同じく縮約形は3つのパターンになります。

  • 合体するパターン
  • 아(ア)・어(オ)が脱落するパターン
  • ㅡ(ウ)が脱落するパターン

ハムニダ体の過去形の作り方を覚えると、昨日したことや過去に経験したことを韓国語のかしこまった表現で話せるようになります。目上の方にも丁寧な印象を与えることができるはずです。

ハムニダ体の過去形も少しずつマスターしていきましょう!

韓国語を最短ルートでマスターする勉強法まとめ!おすすめの学習方法

この記事がよかったら
いいね!お願いします

最新情報をお届けします

ツイッターでも最新情報配信中

ハングル文字の読み方!
韓国語が1日で読めるようになる基礎編→

こちらの記事もオススメです!